ふじ組

 

 卒園を間近に控えた3月では、幼稚園の集大成でもある音楽発表会、最後の楽しいご飯にお祝いランチがありました。

 毎日練習を頑張ってきたドラム「彼こそが海賊」、合奏「皇帝円舞曲」メロディオン奏「エーデルワイス」、歌の数々。本番は短縮で楽器を演奏しながら移動するドリルを保護者の方にお見せすることが出来ず、「見せてあげたかったな」と残念そうにする姿も見られましたが、予行ではすみれ組やゆり組のみんなにドリルを見せることができ、見てもらえる喜びを感じている様子でした。

ドラムや合奏では、指揮の先生をしっかり見ながら曲のテンポや強弱など、気をつけながら一生懸命に演奏する姿にこの一年間の成長を感じました。大きなホールでの演奏はかなわなかったもののお客さんに観てもらい大きな拍手をもらえたことでこれまでの努力が自信となったのではないかと思います。これらの音楽活動を通して一人一人が努力し、みんなで一つの曲を作り上げる達成感を味わえたふじ組さんでした。

 幼稚園最後の日にお祝いランチがありました。制服を着てサルナートへ行くと、そこはルンビニレストラン。ハンバーグにパン、さらにはトッピングを乗せたアイスクリーム。ナイフとフォークを使っておいしくいただきました。なんだかちょっぴり大人になった気分を味わえました。

 

 

 ゆり組

 

 ゆり組でたくさんのことを経験し、成長を見せてくれた子どもたち。もうすぐふじ組になることを楽しみにしています。

 3月には、音楽発表会があり、かっこいい姿を見せてくれました。ピタゴラスイッチもアンダーザシーも大好きで、楽しんで練習しました。本番数日前には、ステージに立つ態度についても皆で頑張ろう!と気持ちを一つにし、ピシっとした姿勢、真剣な目も出来るようになり、ふじ組に向けていい経験になったなぁと嬉しく思いました。

 遊びの場面でも、成長したなと感じました。一人や仲良しの子とだけ遊んでいたり、友だちとぶつかったりすることもありましたが、3学期の終わりには、大勢でルールのある遊びを上手にするようになったり、様々な友だちと遊んだりする姿を見ることができて、とても嬉しく感じます。

 

 

 すみれ組

 

 暖かな日差しに春の訪れを感じます。

 3月は、すみれ組にとって初めての音楽発表会がありました。大きな口をあけて元気いっぱいに歌を歌う姿、指揮の先生をしっかり見て2に増えたハンドベルを振る姿、子ども達の一生懸命な姿に、お子様の成長を感じられた方もいるのではないでしょうか。

生活発表会とは違い、自分のクラスだけでなく、他のクラスのお友達や先生と息を合わせて練習に取り組みました。みんなで先生の指揮をよく見て、本番も素敵なJupiterを奏でられました。

また、進級が近づいていることを意識するようになり、すみれ組からゆり組になれることを心待ちにしている子ども達。聞く姿勢や、待ち方、お返事など、先生から「お!ゆり組さんみたい!」「かっこいいね!」と褒められることも増えました。活動の中でも、準備やお片付けが素早くできたり、お友達が困っていれば助けてあげたりと、あらゆる面で個々の成長が見られ嬉しく思います。

入園当初は涙が出ることもありましたが、1年間幼稚園で過ごしていく中で、初めてのことに沢山触れ、遊び、学び、経験しました。まだまだ、幼稚園生活はこれから!ゆり組になっても、元気で頑張っていってほしいと思います。先生たちも応援しています。

 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM