ふじ組 

 

色とりどりのアジサイや雨の日に外に出てくる虫たち。

この時期ならではの自然に触れ、子どもたちはたくさんの発見をしています。

  クラス替えにより初めて同じクラスになったお友だちの名前もばっちり覚え、一緒に遊んだり、教え合う姿が見られています。

  製作の中では、ホッチキスやコンパスなどの道具を用いて、円錐を作ったり、画用紙で作った時計盤の真ん中に紙に穴を開けたりしました。みんな初めて使う道具にワクワクしながらも、気をつけて慎重に行っていました。

  給食の時間には、英語で配膳や片付けを行なっています。I want big size please. など自分の食べたい量を英語で一生懸命伝えてくれます。最初はたどたどしさがありましたが、今ではスラスラ大きな声で言えるようになってきました。

  今年は遠足ごっこを幼稚園で行いました。4〜5人のグループに分かれて、幼稚園にある問題を見つけ、みんなで相談しながら正解を見つけたり、障害物リレーや玉投げをして遊びました。みんな汗をいっぱいかきながらも、楽しそうな表情で参加していました。

  お弁当は新しく植えたフカフカの芝生の上で食べました。食べた後には、みんなで寝そべったり、転がったりしながら、芝生の感触を全身で楽しみました。

  これからますます暑くなりますが、元気いっぱい遊んでほしいと思います

 

ゆり組

 

 天候がころころと変わる時節ではありますがゆり組さんは梅雨の晴れ間にどろんこ遊びをしたり色水遊びをしたりして元気に過ごしています。遊びの回数を重ねていくなかで友だちとの関わりもより深まってきました。“貸して、いいよ”の言葉や、プルンプルン・どろどろ・溶ける・さらさらなど、土の感触を表現する言葉が盛んに聞かれます。限られた道具を譲り合う姿、自然の中でのびのびと色々試して発見する姿を大切にみていきたいと思います。

 ゆり組の朝顔がぽつぽつ咲き始めました。登園した子どもたちはすぐに見つけ鉢を囲んで「えー!マジー!?」「紫の花だ!」「ラッパみたいな形〜」「このつぼみ明日咲きそう」「アリがお花食べてた」「〜組のは青だった!」と楽しい会話が聞こえてきました。お当番さんが毎日水やりし大切に育ててくれているおかげです。

 鍵盤ハーモニカや絵画、体操などゆり組さんになってからの活動も始まり意欲的に取り組んでいます。

 芝生が根付くまで遊べる日を楽しみに待っていた第二グラウンド。青々と茂る芝の上で裸足になってみると「くすぐったい〜!!」と皆笑顔に。両手両足を付いてカエル跳びをする子、手を広げ空を見上げて寝転ぶ子、ゴロゴロ転がって移動する子、友だちや教師を真似て後に続く子と可愛い姿がたくさん見られました。早く気持ちの良い芝生でお弁当食べられるといいね!楽しみが膨らんでいます。

 

 すみれ組

 

 本格的な園生活が始まり、早いもので1か月が経ちました。子どもたちは毎日いろいろな表情や成長を見せてくれています。

 初めての集団生活。家ではいつでも好きな玩具が使えるけど、園では皆で使わないといけなかったり、給食のおかずを一番にもらいたいけど、順番を待たないといけなかったりと、我慢する場面も出てきます。少しずつ集団生活の約束を守れたことを先生に褒めてもらいながら、皆で過ごすことが楽しいと感じられるように関わっています。

また、初めは個々の遊びだった子どもたちが、友だちと顔を見合わせて笑ったり、追いかけっこをしたり、名前を呼んだりし、親しみを持ってきています。

活動では、のり、はさみなど初めてのことばかりで、キラキラした目で先生の話を聞いています。そして、「先生、できたよ!」と満足そうな表情。一人ひとりのわくわくする気持ち、出来た!という気持ちにしっかり共感して、いろいろなことに興味を持って、やってみようとする気持ちを育てていきたいと思います。おうちの人と離れて頑張った一ヶ月、たくさんたくさん褒めてあげてください。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM